Hi no Suna
緋の砂

  • parole: Takanori Nishikawa [ 西川貴教 ]
  • musica: Daisuke Asakura [ 浅倉大介 ]
  • arrangiamento: Takanori Nishikawa [ 西川貴教 ]

romaji

Hosoku nobita kage ga yuubae ni yakarete wa kiete yuku
Futari yori sotte mo kotoba dake togiresou de

Tsunaida tenohira ni tsutawaru netsu ga
Hitomi no naka de afureta

Me wo tojite dakiatte koe mo dasezu ni
Kowarenai omoi dake wo hoshigaru kara
Hanarete wa mata chikazuku kodou no fuchi de
Furisosogu kimi ni nurete nemurou

Shiroku nijinde yuku toiki made suberu youni ochiru kara
Hoshi no nai yozora wo ima wa tada miageteru no

Katachi no nai nanika wo umeru dake nara
Boku janakute mo yokatta?

Yurenaide soba ni ite furueru yoru wa
Iroaseta omoide dake kaki atsumete
Matataki wa suna no youni yubi no sukima wo
Oto mo naku kobore kaze ga sarau yo

Fureru tabi kanjite ita sayonara no imi to sono wake wo

Me wo tojite dakiatte koe mo dasezu ni
Kowarenai omoi dake wo hoshigaru kara
Hanarete wa mata chikazuku kodou no fuchi de
Furisosogu kimi ni nurete

Aitakute aenakute hakanaku moete
Omokage wa mada shizuka ni ai wo yobu kedo
Motsure ai kono chigireru mune no itami to
Toozakaru ano hi wa mou kaeranai

kanji

細くのびた影が 夕映えに 焼かれては消えてゆく
ふたり寄り添っても 言葉だけ途切れそうで

繋いだ手のひらに 伝わる熱が
瞳の中で溢れた

目を閉じて 抱き合って 声も発(だ)せずに
壊れない 想いだけを 欲しがるから
離れては また近づく 鼓動の淵で
降りそそぐ 君に濡れて 眠ろう

白く滲んでゆく 吐息まで 滑るように堕ちるから
星のない夜空を 今はただ 見上げてるの

カタチのない何かを 埋めるだけなら
僕じゃなくても良かった?

揺れないで 側にいて 震える夜は
色褪せた 思い出だけ 掻き集めて
瞬きは 砂の様に 指の隙間を
音もなく こぼれ風がさらうよ

触れる度感じていた サヨナラの意味とその理由を

目を閉じて 抱き合って 声も発せずに
壊れない 想いだけを 欲しがるから
離れては また近づく 鼓動の淵で
降りそそぐ 君に濡れて

逢いたくて 逢えなくて 儚く燃えて
面影は まだ静かに 愛を呼ぶけど
もつれ合い この千切れる 胸の痛みと
遠ざかる あの日はもう 還らない