Shunkashuutou
春夏秋冬

  • parole: Takanori Nishikawa [ 西川貴教 ]
  • musica: Takehisa Maruyama [ 丸山武久 ]
  • arrangiamento: Luis-Mary

romaji

Kaita kaze wo oikoshite
Kake ashi de sugite yuku kisetsu no hayasa ni
Outsuke zuni koko madeku takedo

Omoeba tooku made kitamonsa
Yoru wo hitotsu kazoe tatarou?
Soshite mata suteji no baku ga agaru

Ushinau mono nado mou nani mo nai
Kai tsuzukeru koto ga ore no subete dakara
Nigeteru dake ja mou irarenai
Yume mitsuzukeru koto ga imano ore no subete dakara

Aini kuno ame ni tatararete
Zubu nure no mama de kake dashita ano hi
Kareda kawo yoake made hikizutta

Itsu no manika toki ha nagare
Atarashii machi ni mo nare takedo
Monotari nasa ga mata ore o moteasobu

Kizutsuku koto nado mou nani mo nai
Sakebi tsuzukeru koto ga ore no subete dakara
Damarte nante mou irarenai
Hashiri tsuzukeru koto ga imano ore no subete dakara

Haru ha fuyu wo nugi sutete
Natsu ha haru wo arai nagasu
Aki ha natsu no tsukare wo sasoi
Fuyu ha aki ni wakare wo tsugete yuku

Ushinau mono nado mou nani mo nai
Kai tsuzukeru koto ga ore no subete dakara
Nigeteru dake ja mou irarenai
Yume mitsuzukeru koto ga imano ore no subete dakara

Haru ha fuyu wo nugi sutete
Natsu ha haru wo arai nagasu
Aki ha natsu no tsukare wo sasoi
Fuyu ha aki ni wakare wo tsugete

Utsuri kawaru kisetsu no naka de
Kimi dake ha sukao no mama de ite hoshii

kanji

乾いた風を 追い越して
駆け足で過ぎて行く 季節の早さに
追いつけずに ここまで来たけど

思えば遠くまで 来たもんさ
夜を幾つ 数えただろう?
そして又 ステージの幕が上がる

失う物など もう何も無い
歌い続ける事が 俺の全てだから
逃げてるだけじゃ もういられない
夢 見続ける事が 今の俺の全てだから

あいにくの雨にたたられて
ずぶ濡れの儘で 賭け出したあの日
渇れた喝を 夜明けまで引きずった

いつの間にか 時は流れ
新しい街にも 慣れたけど
物足りなさが また俺を弄ぶ

傷つく事など もう何も無い
叫び続ける事が 俺の全てだから
黙ってなんて もういられない
走り続ける事が 今の俺の全てだから

春は 冬を 脱ぎ捨てて
夏は 春を 洗い流す
秋は 夏の 疲れを誘い
冬は 秋に 別れを告げてゆく

失う物など もう何も無い
歌い続ける事が 俺の全てだから
逃げてるだけじゃ もういられない
夢 見続ける事が 今の俺の全てだから

春は 冬を 脱ぎ捨てて
夏は 春を 洗い流す
秋は 夏の 疲れを誘い
冬は 秋に 別れを告げてゆく

移り変わる 季節の中で
君だけは 素顔のままでいて欲しい