Setsugen -winter dust-
雪幻

  • parole: Akio Inoue [ 井上秋緒 ]
  • musica: Daisuke Asakura [ 浅倉大介 ]

romaji

Usuiro ni nijimu yoru wa
Owaru kisetsu no himei ni mo nite

Moegiwa ni nagaku o ohiku
Tokenu kimochi ga kesshou ni naru

Isogu machi no koe o se ni arukidasu no wa
Tashika na kodoku no hibiki o motometeru kara

Furisosogu omoi wa yuki ka soretomo
Kiete ikanaide kimi no netsu o nokoshita mama de

Hontou ni samishii nara
Ochita hana demo hiroi atsumete

Hontou ni nozomu sora nara
Yoake ni mayou hikari ni natte

Haruka manatsu o miru me ga oikaketa no wa
Bokura ga idaku toumei na itami no arika

Tozasareta tobira no oku no kutsuoto
Yume ni hanayaka na omokage dake sagashi tsuzuketa

Tadoru yubi karada no ue ni
Itsumo nanika sagashiteta you
Mai ochiru yuki wa shizuka ni
Toki wa futari o tome mo sezu ni

Furisosogu omoi wa yuki ni magirete
Kiete ikanaide netsu wa ima mo kurikaeshi

Yondeiru yo kimi ga hodoita kizuna o
Tachisukumu ai wa sora ni mukete tashikameta
Tenohira no youni

kanji

夕暮れ 携帯電話に喋る 声の交差 せつなく
必死で 本当に欲しい言葉 探す群れのようで

人を縫い 路地を抜け 右に折れ また左へ
迷い込み辿り着く先に 何かを求めた

緩やかな風になる 早めの春が散らばる
目映さに俯いて 落した涙に気付く

「忘れられてゆくことは 怖くない」と呟く
白い肩 傷みの果実 月だけが赦した

幾度かの偶然と ただ一度きりの夢と
欠けたもの埋めるだけだった 形もないまま

同じ硝子の上を 流れる雫のように
僕らは透明に 交わり分かれ続ける

密やかな情熱で 自分さえ灼き尽くして
僕じゃない何か視てたのは 解ってたから

遠ざかる冬の日に 消え行くものを見た時
手のひらに溶けてゆく 想いをしまい忘れる

緩やかな風が舞う 色づく道に溢れる
君を失くしたままで 歩けと季節が告げる