Hajimaru nami
はじまる波

  • parole: Akio Inoue [ 井上秋緒 ]
  • musica: Daisuke Asakura [ 浅倉大介 ]

romaji

Katahou zutsu waketa iyafonde hanarate kiku kyoku no
Ki no hayai kisetsu o kimi wa "usoppoi" to waratta

[Mada kitenai natsu ni tori no kosareru]

Sora no chikaku no moto benchi de
Boku dake ga shiru kimi o mitsuketa

Hanasu koto nado nakatta kimi ga
Kokoro ni ochiru aoku fukaku

"Toki ga iyashite yuku"… Dare mo ga kuchi ni shite kanashii yo
Zankoku na tsuyosa de hito wa sabishiku temo ikireru

Tachi noboru kageroh boku o yurashite

Koi ya ai to wa chigau mono ni
Hikareru imi mo wakarazu ni ite

Sure chigau tabi, dakedo kanjita

-bokura wa ・ onaji ・ mizu de ・ dekiteru-

Kimi ga iru kara modotte yuku
Ano basho dake o shinjitak unaru

Koi ya ai to wa chigau mono ni
Hikare tomadou sono mabushisa ni

Nakita kunatte, dakara waratta

bokura wa, onaji, nami o, kikeru.

kanji

片方ずつ分けた イヤフォンで離れて聴く新譜の
気の早い季節を 君は「嘘っぽい」と苦笑った

「まだ来てない夏に とり残される」
空の近くの 元ベンチで
僕だけが知る 君を見つけた

話すことなど なかった君が
心に落ちる 碧く深く

時が癒してゆく 誰もが口にして悲しいよ
残酷な強さで 人は寂しくても生きれる

立ち昇る陽炎 僕を揺らして

恋や愛とは 違うものに
惹かれる意味も 解からずにいて

すれ違う度、だけど感じた

- 僕ラハ・同ジ・水デ・デキテル -

君がいるから 戻ってゆく
あの場所だけを 信じたくなる

恋や愛とは 違うものに
惹かれ途惑う その眩しさに

泣きたくなって、だから笑った

僕らは、同じ、波を、聴ける。