Joker

  • parole: Akio Inoue [ 井上秋緒 ]
  • musica: Daisuke Asakura [ 浅倉大介 ]
  • arrangiamento: Daisuke Asakura [ 浅倉大介 ]

romaji

Ikitagaru jounetsu ni risuku nara yamu o enai
Zuresou de zurenai iki sama wo misetsukeru

Uichau youna mane wa shitaku nai
Sotsunai kyara no mama kiri nukete

Manshon de kaeru kemono ni natteku
Dareka boku no ase o tomete kure

Chizu wo tatande shani muni hashiru kedo
Kokoro ni itsudemo kechi na juutai kakae konderu

Ikitagaru jounetsu ni risuku nara yamu o enai
Tamashii no nureba de wake mo naku hoeru

Hiraite yo sono mune de shakunetsu no utage o
Zuresou de zurenai iki sama o misetsukeru

「Doshite anata itsumo sona no!」 to
Kanojo ni beranda ni oidasare

Hadashi de suppai miruku non deru
Kore ga genjitsu nara joutou da

Michi wa ikura mo aru yoto iu keredo
Waratteru no wa MAIN STREET ikeru yatsu dake

Sekimen no seishun ni bousou wa yo wo enai
Tamashii ni kima kuru kaikan wo sakebu

Kanadete yo sono koshi de yuuwaku no shirabe o
Miesou de mienai kagayaki ni asobareru

Ikitagaru jounetsu ni risuku nara yamu o enai
Tamashii no nureba de wake mo naku hoeru

Hiraite yo sono mune de shakunetsu no utage o
Zuresou de zurenai iki sama wo misetsukeru

kanji

いきたがる情熱に リスクなら止むを得ない
ズレそうでズレない 生き様を見せつける

浮いちゃうような マネはしたくない
ソツないキャラのまま 切り抜けて

マンションで飼える 獣になってく
誰かボクの汗を止めてくれ

地図をたたんで 遮二無二 走るけど
ココロにいつでも ケチな渋滞 抱え込んでる

いきたがる情熱に リスクなら止むを得ない
魂の濡れ場で 訳もなく吠える

開いてよ その胸で 灼熱の宴を
ズレそうでズレない 生き様を見せつける

「どーしてあなた いつもそーなのっ!」と
カノジョにベランダに 追い出され

裸足で酸っぱい ミルク飲んでる
これが現実なら 上等だ

道はいくらもあるよと 言うけれど
笑ってるのは MAIN STREET 行けるヤツだけ

赤面の青春に 暴走は止むを得ない
魂にキマくる 快感を叫ぶ

奏でてよ その腰で 誘惑の調べを
見えそうで見えない 輝きに遊ばれる

いきたがる情熱に リスクなら止むを得ない
魂の濡れ場で 訳もなく吠える

開いてよ その胸で 灼熱の宴を
ズレそうでズレない 生き様を見せつける